ハードディスクが調子悪い時の回復方法などメモ

  • 2019年5月現在。ハードディスクが調子悪くなり、いろいろ調べて回復させたので、やり方を忘れないようにメモ。
  • パソコン本体のハードディスクとは別に、外付けハードディスク(Lacie P’9230 4TB)に過去データなど保存していた。自分にとっては超大容量なのでとりあえずいろんなデータを放り込んでいた。
  • その外付けハードディスクが突然電源が入らなくなった。そりゃもう突然に。。。
  • ハードディスクの保障期間が過ぎていた(約5年間使用。まぁ、保証期間内でも中のデータは保障されないが)から普通に修理にだしてもデータは救えないと考え、ハードディスクを開けてデータを取り出せないかテストすることにした。
  • 以下のページを参考にハードディスクを開けた(以下ページにも書いてあるが、開封して取り出した時点で保証が無効になるシールがはがれる)。マイナスドライバを隙間に突っ込んでカバーをずらして開ける。ゴム足のシールをはがすと現れるネジ4か所をはずす。ハードディスク本体をずらすとSATAコネクタ部がはずれ、ハードディスクを取り出せる。
  • https://kirishima.it/mt/2013/03/desktop_porche_hddreplace.html
  • カバー側の電源部の故障の可能性があると考え、別の外付けハードディスクに突っ込んだら中身を読み出せるかと考えた。
  • (あとから考えるとこれは失敗だったのだが)もっと前から使っていたHDC-U320 という外付けハードディスクがあり、動いていたので、中身をバックアップしたうえで、以下を参考にこちらも分解して4TBのハードディスクを差し込んでパソコンに繋いでみた。(以下のページには、白いカバーを開けるのが難しいと書いてあるが、少しずらしたプラスティックカバーの隙間にマイナスドライバーを突っ込んで、梃子のように押し上げると意外と簡単にパカッとはずれた)
  • https://datarescue.yamafd.com/howto_open_hdcu/
  • 電源は入り、ハードディスクも異音もせず動いたので、これは助かったと思ったが、Windowsでは認識せず。「フォーマットしますか」と出てきてしまう。(あとから色々調べた感じではケース側が古すぎて4TBを認識できず、パーティション情報とか勝手に書き換えられてしまったのかと・・・)(ここでいろいろ試したがすべて失敗のため、省略)
  • Lacieのケースのほうに別のHDDを入れてみたがやはり電源自体、入らない。電源が故障しているようだ。
  • この時点でテキトーにやっても回復できないと悟り、もっといろいろ調べた。以下の「PCと解」というサイトが非常に勉強になりました。(そのほかたくさんのサイトで勉強しました)
  • https://pctrouble.net/
  • わかったこと
  • ハードディスクは結構壊れる。いつも使ってるなら4~5年持てば良いほうだ。
  • まずは問題の切り分けが大事。どこが故障しているのか。
  • 特に外付けハードディスクは処理が複雑で、壊れる可能性のある箇所が多い。電源、SATA→USB変換、HDD本体・・・
  • そのため調子の悪いHDDからデータを取り出したい場合、PC本体とSATA接続で直接繋いだほうがよい。
  • (うちのメインPCはSSD+HDD併用していたので、HDD入れ替えしやすくて助かった!)
  • PCに直接SATA接続したら、ドライブ認識はするけどやはり「フォーマットしますか」と出る。(このことでBIOSレベルではHDDを認識できていることがわかる)
  • 左下のWindosマークを右クリック→ディスクの管理 で問題のドライブを確認。正常であればファイルシステムが「FAT32」や「NTFS」だが、「RAW」と表示されていた。RAWは「生の」という意味で、RAWというファイルシステムがあるのではなく、「未フォーマット」(Windowsで認識できていない)状態ってことみたいだ。
  • HDD自体が故障しているかどうかを見るためには「CrystalDiskInfo」というフリーソフトhttps://crystalmark.info/が使える。今回問題のHDDは、異常はなかった。つまり物理的障害は生じてないようだとわかった。
  • 元データが必要ないなら、Windowsでフォーマット(専用フォーマッタhttps://www.iodata.jp/lib/product/i/2107.htmを使うとより良いそうである。)すれば良いが、今回はデータを救出したい。
  • このような場合、「TestDisk」というフリーソフトが超使える。
  • https://www.cgsecurity.org/wiki/TestDisk_Downloadより使用しているOSに対応した版をダウンロード(うちはWindows 64-bitが使えた)。
  • ダウンロードされたZipファイルを適当なところに保存して解凍。testdisk_win.exeを実行。カーソルキーとキーボード入力だけで動かせる。基本的にはカーソルで必要項目を選んでEnterキーで確定させる。
  • 最初にクイックサーチで半自動でパーティション補修を試みる。「Create(logを残す)」→対象ディスク選択「Proceed」→パーティションテーブル種別を選択「Intel」または「EFI GPT(2TB以上やWin8以上対応ディスク)」→「Analyse」→「Quick Search」→データの整合が取れていれば緑色表示される。(復旧したいようにパーティションが表示されていれば)Enter→「Write」→y、Enterでパーティション情報が書き換わる。
  • Windowsを再起動する(Windowsパーティション部分を読み込むのが再起動したときだけのため。USB接続ならUSB切断、再接続でもOK)
  • 上記で回復する場合もあるけどうまくいかない場合は、ブートセクタの修復というのを試す。Analyseのところで「Advanced」→「Boot」→「Backup BS」や「Rebuild BS」を選ぶ(BSはブートセクタの略で、ブートセクタを手動で修復する。)いろいろ試してStatus:Badがなくなるよう修復する
  • それでもうまくいかない場合、Test diskで認識しているファイルを他のディスクにコピーすることもできる。「Analyse」→「Quick Search」→「P」list fileで認識されているファイルのリストが表示される。→「a」すべてのファイル選択→「c」コピー→カーソルを動かしコピー先ディレクトリを選択※表示が特殊なので注意→コピー開始。環境にもよると思うが、数百GBで数時間、TBのデータだと十数時間コピーに時間がかかるようだ。
  • 以上、忘れないようにとりあえずメモ

ARCGISで選択範囲を反転

ARCGISでフィーチャの編集モードで選択範囲を反転させたい場合は、属性テーブルを開いて、テーブルウインドウのコマンドの中に、「選択セットの切り替え」というのがあるので、これをクリックすると選択範囲が反転する。

メインメニューの「選択」コマンドには、反転できるコマンドがないようである(少々わかりにくい)。

ARCGIS Ver10.3)

シンボル情報を多数のレイヤに一度に反映させる方法

これは便利

http://geologist-gis.blogspot.com/2010/07/blog-post.html

 

補足するなら、コンテンツウインドウで複数のレイヤを選択し、ドラッグ&ドロップでいっぺんに複数のレイヤを指定できる。

国土地理院の数値標高モデル(5m)を使ってみた

標記を使う際の情報を整理してみた

基盤地図情報データの変換と活用のコツ!- 数値標高モデル(5m)の活用」

https://blog.esrij.com/2012/02/10/arcgis-desktop-dc13/

ARCGISの「国内対応パック」の「基盤地図情報 (GML) のインポート」を使う。

画像データとして読み込まれる。ラスタ形式の高さデータ(DEM)になっている(らしい)。インポートデータを表示させるとこんな感じ。

f:id:giscivil:20180831135320j:plain

標高が高いところは白っぽく、低いところは黒っぽく表示される。白抜きのところは水域。

(画像解析ウィンドウを使って、陰影起伏図などが作れるらしい)。

 

ここでは、特定の区域を切り出して、その区域内での高低差や平均標高など細かく知りたかったので、数値データを取り出すという作業を行った(クリップ)。切り出す範囲は、別途ポリゴンデータを用意した。

通常のベクターデータのクリップは使えないので、

ツールボックス→「データ管理ツール」→「ラスタ」→「ラスタプロセシング」→「クリップ」を使う。

 

そのあとで、数値を取り出す作業であるが、数値標高モデルのデータは、そのままではデータを取り出すなどいろいろな加工ができない。いろいろ検索したら、ARCGISのAdvanceまでだと、ラスターデータは整数でないと加工できない、という制限が設けられているようである。(数値標高モデルのデータは、32ビット浮動小数点)

以下を行う必要がある。

ArcGIS Desktopで浮動小数点型のラスタを整数型のラスタに変換するには」

https://blog.esrij.com/2012/02/10/arcgis-desktop-dc13/

 ●ツールボックス→「データ管理ツール」→「ラスタ」→「ラスタデータセット」→「ラスタのコピー」
で『「ピクセル タイプ(オプション)」ドロップダウンメニューで 入力データの値の範囲に応じて、[32_BIT_FLOAT]、[64_BIT] 以外を選択する。』と書いてあるのだが、正の整数値(ピクセルタイプがUNSIGNED)じゃないと受け付けてもらえないようだ。

(なお、Spatial Analystがあると小数点以下の数値でも扱えるらしい )

 

これでやっといろいろ加工ができるようになる。いろいろな方法があると思うが、狭い範囲であれば、ポリゴンにしてしまうのがよさそう。

ツールボックス→「変換ツール」→「ラスターから変換」→「ラスター→ポリゴン」を使った。

このとき「ポリゴン単純化(オプション)」のチェックは外したほうが良いと思われる。(元が5mメッシュデータのため)

shpファイルが作られ、属性テーブルにgridcogeというフィールドが作られ、標高の値が格納される。工夫すると等高線のような表示ができた。(四角いマスが5m)

f:id:giscivil:20180905092644p:plain

 

なお、ラスターデータの数値がテーブル属性値として取り出せるツールもある。

ツールボックス→「データ管理ツール」→「ラスタ」→「ラスタプロパティ」→「ラスタの属性テーブルの構築」というツールもある。 

 

Autocad LT でポリラインの頂点の間引き

AutocadLT である程度頂点の間引きする方法を発見!(というほどでもないが)

大量の頂点を持つポリラインの頂点を間引きする方法を紹介。検索やAutocadヘルプなどを調べると、AutocadMAP3D か AutocadCIVIL3Dの「図面のクリーンアップ」の機能を使うか、LISPを使いなさい、という説明が出てくる。

しかし、限られた機能ながら、AutocadLTのOVERKILLコマンドでも頂点を減らせる。

 

OVERKILL コマンドを実行。同一直線上に頂点が並んでいる場合、頂点を削除して一本の線にしてくれる。

 

Windows8.1 KB4093114 アップデート不具合?

私の使っている環境

Windows8.1 64ビット 

だが、

2018年4月12日の Windows UpdateWindowsが起動しなくなった。

復元ポイントから復元したりして何度かやり直したところ、KB4093114 が入るとおかしくなるようだ。

とりあえず勝手にアップデートしないようにした。